首の乾燥に効果的なケア方法とはどのように行うのでしょうか?

首の乾燥がシワなどのトラブルの原因になってしまうことも多いだけに顔ともにしっかりと保湿ケアを行っていきたいところです。

 

ただ顔とは勝手が違う部分があるだけに、適切なケアができるかどうかがポイントとなってきます。

首の保湿では量を惜しまずに使うことができるかがポイント

首のスキンケアQ&A

顔と首の肌が際立って異なるといったことはないのでそれほど神経質に考える必要はないのですが、まず首は顔に比べて範囲が広いという問題があります。

 

広範囲にしっかりケアすることができるか、そのためには量を惜しまずに使うことができるかが鍵になります。

 

顔のケアでも量をとるか質をとるかの悩みが出てくるものです。高価なアイテムを惜しんで使うか、安価なアイテムを惜しまずに使うか。

 

顔に関して使う範囲がそれほど広くないのでどちらの選択肢も「あり」なのですが、首の場合はどうしても範囲が広くなるので価格はともかく、惜しまずにたっぷりと使用できるアイテムを使用しましょう。

 

自分の経済状況を踏まえたうえで無理なく使い続けられるものがお勧めです。

 

ケアする範囲をできるだけ広くとることも大事な点です。いわゆる首だけでなく、あごの下やデコルテも含めたうえで全体を保湿していけるケアを目指しましょう。

 

とくにデコルテはブツブツができやすい部分ですから、首のケアの一環としてしっかりと保湿を行っていきたい部分です。首の後ろを忘れないようにしましょう。

首の保湿ケアをしたうえで日焼け止め対策もしっかり行うこと

首のスキンケアQ&A

もうひとつ、使い心地も大事な点です。

 

衣服やアクセサリーと接触する部分だけにベタつきなどの不快感が顔よりも気になってしまうもの、さっぱりした使い心地のものが求められます。

 

乾燥がちの方はベタつかずにしっかり保湿できるクリームを探してみましょう。それ以上にお勧めなのが化粧水です。プチプラ化粧水など安価な化粧水でもよいですから、ぜいたくに首全体に使ってみましょう。

 

こうした首ならではの保湿ケアを心がけたうえで日焼け止め対策をしっかり行っていくことになります。

 

とくに首の後ろ、デコルテは日差しを浴びやすいので要注意、紫外線が乾燥や老化の原因となってしまわないよう、ちょっとした外出のときなどにも欠かさずにケアしていくことが求められます。

 

首だからこそ注意したいポイントもありますから、それを踏まえたうえで毎日のケアなかで無理なく行っていける方法を取り入れていくようにしましょう。

 

本来顔と首の皮膚はつながっているわけですから、同じくらい重視してケアしていく姿勢が必要ですし、エイジングケアともなればなおのことその点が問われます。

 

コスメルジュ編集部が選んだ首のしわ・たるみに効果的な化粧品

首のしわ・たるみに使ってみたい人気の化粧品

トワエッセ プレミアム エッセンス

トワエッセ プレミアム エッセンス

40代からのくっきりとした首しわに!ハリ成分を閉じ込めピーンと若々しい首元へ
6,480円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別 30日間全額返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!

ミューノアージュ(お試し)

化粧水とクリームだけで首元シワにピンとしたハリ!肌再生を促すEGF配合化粧品
10日間トライアルセット 1,620円・税込
(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

艶つや習慣

艶つや習慣

早くも60万個突破!40代・50代から多くなる首のザラザラ、つぶつぶ専用ジェル
4,104円・税込/定期初回2,052円(2回目以降3,283円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!