首にできたニキビケアの方法とは?

首は夏場によくニキビができる部分です。また首からデコルテにかけてできることも多く、かなり目立ってしまうこともあります。それだけに日ごろからしっかりとケアしていく必要があるわけですが、どのような方法が有効なのでしょうか。

首にニキビができたら首だけではなくデコルテまで保湿対策をすることが大切

首のスキンケアQ&A

首のニキビの原因も基本的には顔と共通しており、皮脂の過剰分泌、外部からの刺激、バリア機能の低下、ターンオーバーの乱れなどが深くかかわっています。その中でも顔に比べてバリア機能の低下と外部からの刺激が大きな比重を占めていくことが多く、その点を改善するケアが求められます。

 

首の皮膚は顔とつながっていますから、顔が乾燥しやすい方は首も乾燥しやすい肌質にあります。しかも紫外線を浴びやすい環境で顔ほどしっかり保湿ケアをしないことが多く、バリア機能が低下することで外部からの接触に弱くなり、ニキビや炎症を起こしやすくなるのです。

 

しかも首は衣服やアクセサリー、ロングヘアの方は毛髪との接触などで刺激を受けやすい環境にあります。このバリア機能の低下と外部からの刺激が重なることでニキビができやすく、またできてしまったニキビが悪化しやすいのです。

 

この点を踏まえたうえで顔とはまた違ったアプローチでニキビケアを行っていくことになります。まず首にもしっかり保湿を行うこと。首は範囲が広いので高価なアイテムを惜しんで使用するよりも安価なアイテムをぜいたくにどんどん使ったほうが効果的です。首だけでなくデコルテもしっかりケアしましょう。スプレータイプの化粧水など外出時に手軽に保湿ができるアイテムを持ち歩くのもおすすめです。

ネックレスなど首と外部との接触を避ける環境づくりも大事

首のスキンケアQ&A

紫外線対策ももちろん忘れないようにしましょう。また日焼け止めを使用するときには肌への刺激も考慮して適切な製品を選ぶことも重要です。買い物などのちょっとした外出ならUVカット効果を備えた乳液やクリームでも十分対策ができますから、日焼け止めだけに頼らないケア環境も検討してみましょう。

 

ニキビができている方、刺激に敏感な方はできるだけ外部との接触を避ける環境づくりも大事です。ネックレスなどのアクセサリーは身につけない、衣服もできるだけ首に接触しないものを選ぶ、そしてロングヘアの方は首に接触しない長さにする、またはできるだけ束ねる髪型を心がけるといった工夫を取り入れてみましょう。

 

こうした環境を改めてはじめてニキビ治療薬などでの対策が役立つようになります。自分が首にニキビができてしまうような環境をみすみす作ってしまっていないかどうか、改めて見直してみましょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだ首のしわ・たるみに効果的な化粧品

首のしわ・たるみに使ってみたい人気の化粧品

トワエッセ プレミアム エッセンス 編集部オススメ!

トワエッセ プレミアム エッセンス

40代からのくっきりとした首しわに!ハリ成分を閉じ込めピーンと若々しい首元へ
6,480円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別 30日間全額返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!

艶つや習慣

艶つや習慣

早くも60万個突破!40代・50代から多くなる首のザラザラ、つぶつぶ専用ジェル
4,104円・税込/定期初回2,052円(2回目以降3,283円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

首元専用美容液 MACHILUS(マチラス)

首のシワたるみ化粧品

プラセンタとプロテオグリカンで首元のしわ・たるみを改善する首元専用美容液
9,720円・税込/定期初回4,860円(2回目10%OFF・3回目15%OFF・4回目以降20%OFF)
>>公式HPで詳しく見てみる!