首イボはスキンケアで改善できるのでしょうか?

40代くらいから首イボが増え始めます。これは老化と深くかかわっており、急に増えていくことも多く、気がついてあわててケアを行っても間に合わないことも少なくありません。そうなるとできてしまった首イボをどう解消していくことができるか、が対策の重要なポイントとなってきます。

首イボには保湿をしっかり行いターンオーバーの活性化を目指すケアを行うこと

首のスキンケアQ&A

この加齢がもたらす首イボはターンオーバーの乱れやバリア機能の低下が深くかかわっていますから、まずこの点を改善していくことが第一です。顔のエイジングケアは一生懸命行っていても首のケアは不十分という方も多いはず、まずは保湿成分をしっかり補い、プラセンタエキスなどでターンオーバーの活性化を目指してみましょう。ターンオーバーが改善されて新しい肌と古い肌の入れ替わりを促すことでイボの予防・改善を行っていくことができるようになります。

 

ただ実際問題としてこうした通常のスキンケアの延長上のケアだけでは一度できてしまったイボをなくすのは難しい面もあります。比較的小さなイボの場合はこうした方法でも自然となくなっていくことがあるのですが、すでに目立つ大きなイボになってしまった場合にはしつこく残り続けることも多いのです。これはイボが大きくなっていくにつれてその部分が厚く固くなることでターンオーバーでも剥がれ落ちにくくなってしまっているからです。

 

そうなると厚く固くなったイボをやわらかくさせるためのケアが重要です。角質をやわらかく働きを持つスキンケア製品を使用するなど、さらに一歩踏み込んだケアが効果的です。角質を溶かして除去する働きがある酵素洗顔、角質をはがして肌のターンオーバーを活性化させるピーリング化粧品などを試してみるとよいでしょう。

スキンケアに加え首イボ専用のクリームや軟膏を使用する方法も・・

首のスキンケアQ&A

ただ酵素洗顔はイボの治療への効果は限定的、ピーリング化粧品は肌への刺激が強めなので自分の肌に問題なく使用できるかをよく踏まえたうえで判断することが求められます。扱いが難しい部分もあるので注意しましょう。

 

こうしたスキンケアに加えてもうひとつ、イボ専用のクリーム・軟膏を使用する方法もあります。イボコロリが有名ですが、これらのアイテムでは皮膚を保湿しつつイボをやわらかくして剥がれ落ちやすい状態へと導く効果が備わっています。スキンケアでターンオーバーを活性化しつつ、こうしたイボ専用のアイテムを取り入れることでイボを自然と除去していける環境を目指してみましょう。

 

これらの方法でどうしても改善できない、イボがしつこく残り続けている、という場合には皮膚科でレーザー治療を受けるなど、本格的な対策が必要になってきます。

 

コスメルジュ編集部が選んだ首のしわ・たるみに効果的な化粧品

首のしわ・たるみに使ってみたい人気の化粧品

トワエッセ プレミアム エッセンス 編集部オススメ!

トワエッセ プレミアム エッセンス

40代からのくっきりとした首しわに!ハリ成分を閉じ込めピーンと若々しい首元へ
6,480円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別 30日間全額返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!

艶つや習慣

艶つや習慣

早くも60万個突破!40代・50代から多くなる首のザラザラ、つぶつぶ専用ジェル
4,104円・税込/定期初回2,052円(2回目以降3,283円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

首元専用美容液 MACHILUS(マチラス)

首のシワたるみ化粧品

プラセンタとプロテオグリカンで首元のしわ・たるみを改善する首元専用美容液
9,720円・税込/定期初回4,860円(2回目10%OFF・3回目15%OFF・4回目以降20%OFF)
>>公式HPで詳しく見てみる!