顔と首の色の差を改善させるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

顔のケアを一生懸命行えば行うほど目立つようになるのが顔と首の色の違いです。

 

とくに美白ケアを行っている方や濃い目のメイクを行っている方ほどそれが顕著になり、非常に不自然な印象を与えてしまいます。

 

また色の差が目立っているといくら顔のケアを一生懸命行っても首を見られて「もとはこんな感じなんだね」と判断されてしまう恐れもあります。

 

そうならないためには顔のケアを一生懸命行いつつ、首との色の差をできるだけなくすよう意識してケアしていくことも大事です。

顔と首の色の差を目立たせないためには日焼け対策や保湿ケアを行うこと

首のスキンケアQ&A

ではどんな方法があるのか?まずは日焼け対策をしっかり行いましょう

 

顔は日焼け止めでばっちりケアしているの首のケアはおざなり、という人も少なくないはず。この紫外線のダメージの蓄積が日焼けしている部分としていない部分との落差をもたらします。

 

これは単に日焼けして色が違うかどうかだけの問題ではなく、30代後半以降になると老化の状況に差が出てくることで色だけでなくシミ、シワといったトラブルでも差が見られるようになってしまいます。

 

首にも日焼け止めをしっかり使用する、レジャーなどで一日外出する際には首も日差しをカットできるような環境を心がけるといった工夫を取り入れて見ましょう。

 

サングラスや帽子だけでなく日傘など、広い範囲で日差しをさえぎられるアイテムがお勧めです。

 

保湿ケアをしっかり行っていくことも大事な点です。

 

首も紫外線や外気の刺激、さらに老化の影響で乾燥していきます。

 

単に日焼けするだけでなく、肌が乾燥して表面がガサガサになってしまったり、ターンオーバーに乱れが生じて透明感が失われてしまうことによって見た目の色に違いがでてきます。
顔と首の色がはっきり

顔と首の色がはっきり分かれている場合は首にも美白対策を・・

首のスキンケアQ&A

顔はしっかりケアしてハリとボリュームが維持されているのに首はガサガサで艶がない…これでは実際の肌の色以上に色の違いが鮮明になってしまいます。

 

首の乾燥にも意識し化粧水やクリームでうまく保湿ケアを行っていきましょう。

 

こうした色が違ってみえてしまう原因を防ぐケアがまず第一ですが、どうしても色の差がはっきりとわかれてうまくカバーできない場合には首にも美白対策を行っていきましょう

 

すでに日焼けによる色の差があらわれている場合にはこうしたケアも必要です。

 

顔よりも化粧品を使用する量が多くなるのでコストがかかってしまいますが、顔ほど入念に手間をかけずにうまく美白成分を補っていけるような環境を心がけてみましょう。

 

あとはあまり厚めのメイクは避けること

 

シワやシミをカバーしたいからといって一生懸命ファンデーションを厚塗りしてしまうと首との色の差がどんどん鮮明になっていきます。肌への負担も考慮し、年齢を重ねるほどメイクは薄めを心がけるのが原則です。

 

コスメルジュ編集部が選んだ首のしわ・たるみに効果的な化粧品

首のしわ・たるみに使ってみたい人気の化粧品

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス

累計600本!コラーゲンが減少する50代以上に最初に試してみたいクリーム
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

リバイタル ネックゾーン エッセンス

ハリだけでなく透明感のある明るい首元を演出するロングセラーのネッククリーム
5,400円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

トワエッセ プレミアム エッセンス

トワエッセ プレミアム エッセンス

40代からのくっきりとした首しわに!ハリ成分を閉じ込めピーンと若々しい首元へ
6,480円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別 30日間全額返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!